ベトナム滞在:携帯電話はどうする?プリペイドSIMがお得




海外に行くときに最も重要なことの1つは、通信手段の確保です。

海外に行ってもそのままいつもの電話番号を使って、国際電話(音声通話)をしたい場合には、日本にいる間にキャリアの国際ローミング(海外パケット定額サービス)を契約することになります。

ただ、国際ローミングは日本→海外、海外→日本ともに国際通話になるので、当然ながら結構なお金がかかります。ここでは、国際ローミング(海外パケ定額サービス)によらなくとも日本との通信手段を確保し、またネット環境を確保するための方法をいくつか整理したいと思います。

ひたすら無料wifi接続で済ます

ベトナムでは、ホテルやカフェはほとんど無料wifiを提供してくれているので、この無料wifiスポットを渡り歩きながら連絡をとったりネットを見たり、ということも不可能ではありません(注:携帯の設定でデータローミングサービスをoffにしておくことが必須)。

メリット

  • 基本お金はかからない。わずらわしい手続もなし。

デメリット

  • 携帯電話番号による通話はできない。音声通話は、無料通信アプリを通じて行う。
  • 都市部を少し離れて郊外に足を伸ばしたりする際には、道中は通信手段がなくなってしまう。

モバイルwifiルーターを持参する or ベトナムで借りる

海外旅行向けのwifiレンタルとは、現地の通信会社の回線を利用できるモバイルwifiルーターを、出発空港などでレンタルするサービスです。スマホやタブレットを使いたいときにルーターにwifi接続すれば、ベトナムでも定額でインターネットが利用できます。

日本の空港で借りて持参することもできますが、なんと、日系の会社がベトナムの空港で借りれるモバイルwifiのレンタルサービスを始められたとのこと(記事)。1日13万ドンからだそうです。

メリット

  • 国際ローミングするより断然安くすむ。
  • 定額でネットが使える安心感がある。

デメリット

  • 携帯電話番号による通話はできない。音声通話は、無料通信アプリを通じて行う。

ベトナムのプリペイドSIMカードを使う

そして、もう1つの方法が、ベトナムでSIMカードを買って自分の携帯(スマホ)に挿して使う方法です。ただし、SIMロックフリーのスマホを持っている方でないと使えませんのでご注意ください。

ベトナムでは、2016年末から4G/LTE通信サービスが開始されています。4G/LTE通信が可能な場所はまだ限定的なようですが、LTEが繋がる場所では通信ストレスはなさそうですね。

ベトナムの複数の通信会社から選べる

ベトナムの大手キャリアはViettel、Vinaphone、Mobiphoneの3社です。

このうち、Viettelが最も通信カバー範囲が広いそうです(さすが防衛省傘下?)。海外のサイトではViettelをおすすめしているところが多いですね。また、カンボジアとラオスでも使えるので(ローミングサービス)、インドシナ3国を周遊、なんて方は、Viettelのを使うのが最適ですね。ウェブサイトも3社の中では一番親切で分かり易いです。

なお、私は最初に買いに行ったお店がたまたまMobifoneのお店だったので、Mobifoneの番号を持っています。

SIMカードはどこで買えるの?

以前は、道ばたにある小さなお店でもSIMカードが買えたのですが、2016年から携帯電話に関する規則が強化されたようで、キャリアから承認されていないお店で買うと、電話番号がディアクディベイトされる可能性もあるとのことです。

何があるか分からないので、SIMカードはキャリアの看板を出しているちゃんとしたお店で買うようにしましょう。空港着いたときにキャリアショップで買ってしまってもいいかもしれませんね。なお、規則上では外国人はパスポート提示が求められるということなので、SIMカードを買うときには念のためパスポートを持参しましょう。

SIMカードには、電話番号情報がくっついていますので、買うときに電話番号リストを見せられ、「どの電話番号がいい?」と聞かれます(ベトナム人は、いわゆる縁起が良かったり、切りのよい番号を好みます)。

料金プランは?

キャリアによって若干の差はありますが、SIM自体は7万ドン~10万ドン。マイクロSIM、ナノSIMなど、大きさは取り揃えられています。

料金的には、国内通話は、1分1000ドン程度、SMS送信は1回300ドン程度です。ここに、「データ通信の使用量はどうするか」「音声通話がついてくるプランにするか」など、自分のお好みでプリペイド金額を選んでいくことになります。基本的には以下の3種に分けられます。

  • ①データ通信のみ
  • ②データ通信、SNS
  • ③音声通話、データ通信、SNS

料金は、使えるデータ通信の量によって幅がでてきます。例えば、①のデータ通信のみだと3GBで20万ドンとか。1週間程度の旅行であれば、これくらいで十分かな?ただ、中長期滞在者なら音声通話が必要になってきますので、ご自分にあったプランを選ぶ必要があります。

なお、どこのキャリアでも「ツーリスト用プラン」なんてのが設けられていますが、データ通信料が少し割り増しに設定されているようです。

そして、もし最初にチャージしたお金がなくなったら、お金の追加チャージをしますが、そのやり方も簡単。携帯電話ショップ等で「チャージしたいんだけど」と言い、音声通話が必要なのか、データ通信だけでいいのか等を確認し、自分にあったプランのカードを買います。

チャージの仕方はキャリアによって少し違ってきますが、「やり方分からない、やってー」と言えば、たいてい一緒に手伝ってくれます。そうやって覚えていくものです(笑)。

月極プランもある

月極のお得なプランもあります。例えば、私が電話番号を持っているMobifoneでは、Data Plusというパッケージプランがあり、通話とSNSの無料分がめっちゃくっついてくる、なんてのもあります。

例えば、1ヶ月データ通信4GB、国内通話(同事業者間)が200分まで無料、SNS送信(同事業者間)が200件まで無料で、20万ドンなんてプランも!

国際電話かけられるよね?

もちろん、国際電話もかけられます。でも、携帯番号を使って国際通話をすると、あっという間にチャージ金額は消えてしまいます(経験談)。また、テキストメッセージも電話番号を使うので、国際通話扱いになります。

なので、日本にいる人とつながりたい場合は、やはり無料通話アプリを使うのがよいでしょう。

メリット

  • 国際ローミングするより圧倒的に安い。というか、日本でスマホ使うより全然安い。

デメリット

  • SIMロックフリーのスマホを持っていないと使えない。
  • 買うときにプランを選んだり、お店の人とやりとりをしたり、設定をしたり、という手間が生じる。

まとめ

ここまで、ベトナムに行く際の通信手段をどう確保するか?という観点から、3つのやり方をご紹介しました。

もし、SIMロックフリーのスマホをお持ちなのであれば、間違いなく現地でSIMカードを買うのがお得だし快適です!

通信インフラもどんどんよくなっているし、キャリアが提供するサービスも刻々と変わるので、しっかり現地で確認して、納得のプランを選びたいものですね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください